動物実験に関する
倫理的配慮

イーエヌ大塚製薬は、企業理念の下、疾病の治療や人々の健康の維持・向上に貢献する製品の研究・開発及び改良に積極的に取り組んでおります。これらの研究開発には動物実験は不可欠です。

私たちは、「動物の愛護及び管理に関する法律」と「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」に則り『実験動物等に関する規定』を整備し、動物倫理委員会を設置して、3Rの原則[Refinement(苦痛の軽減) 、Replacement(代替法の利用)、Reduction(動物利用数の削減)]に配慮しております。

また、実験動物の飼育管理並びに動物実験の適正な実施への取り組みは、自己点検・評価を実施して常に改善に努めております。