研究開発

企業理念に基づき、「栄養」を科学的に探究・検証するため、医療用医薬品分野および医療用・介護用食品分野における研究開発を行っています。また、研究開発で得た情報や技術については病気などで医療を必要とする方だけでなく、高齢の方やその他疾病などで通常の食事を摂ることが難しい方のための食品など、“医薬”から“食品”まで、広範な視点でさまざまな開発を行うことにより、より良い製品作りを目指しています。

医療用医薬品分野

より生理的な栄養補給経路である経腸栄養法をテーマに、消化・吸収・代謝機能の生理学的研究から入院患者さん、要介護者様の栄養最適化およびQOL改善に向けた応用開発にわたる広範な検討を行っています。

摂食回復支援食・メディカルフーズ分野

病気の方や通常の食事を摂ることが難しい方の病態・状態を考慮し、無理なく通常の食事ができるようになることを支援する食品の開発を進めています。